プロジェクトを動かせるプログラマの素養

プログラマは基本的な素養として多くのアルゴリズムを記述した経験を有し、仕様や設計にそってそれを効率的に実現するコーディングを行えることが必要になります。

その効率化の部分が最も個々の役者に要求される部分であり、適切なプログラミング言語を選ぶことから始まり、既存のアルゴリズムを転用するか新しいものを生み出さなければならないかの判断も行い、必要があれば新規性の開拓を行うことになります。そのためにはプログラミング言語についての勉強や、最新のプログラミングについての情報収集などを常に行っていく必要があり、勉強して知識を豊富にしていくことが仕事の一環であるともいえます。

個々のスキルに着目するとそういった観点が重要になりますが、チームとしてプロジェクトを成功に導いていくことを考えた場合、通常は創造的な部分が全て上層部によって終えられたものを実現するという仕事のプログラマは縁の下の力持ちという役割を果たすことになるのが一般的です。

しかし、プロジェクトが完成するボトルネックともなる場所であり、必要に応じて増員がなされることもあります。その際に効率的に仕事が進むようにするためにはコーディングのわかりやすさが重要になります。他人がすぐに理解できる平易なコーディングを行えるようになることはプロジェクト進行の迅速化に多大な影響を与えるものであり、勉強する以前に考えて身につけなければならない習慣でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です