プログラマを目指すときの言語選び

IT業界で働くことを目指してプログラムの開発に携わりたいプログラミングを身につけてプログラマとして働くのが道となります。その際には習得しやすいプログラミング言語を選んでプログラミングの考え方やアルゴリズムについて勉強するのがもっとも必要とされることであると言われています。

様々なシステムの開発のように開発したいシステムに応じて最適なプログラミング言語を選択する必要がある場合にはそれが正しい選択ですが、参入したい業界がある程度定まっている場合にはそこで使用する可能性の高い言語を選んで勉強するのが得策です。

トレンドであるWeb業界ではjavaやphpを使うのが一般的であり、これらを習得していることが募集要件になっていることすらあります。アプリ開発ではswiftやandroidが有用になるでしょう。そういった必要が出てくるはずのプログラミング言語を入り口にしてしまった方が結果的に効率よく就職に必要なスキルを身につけられるのです。

ただし、入門書の豊富さや資格試験や認定試験の有無等はそのプログラミング言語がどれだけ世の中に浸透しているかに依存します。勉強する上では資格試験や認定試験があると目標にしやすいという面があるでしょう。そういった目標地点の決めやすさからプログラミング言語を選択するのが、システム開発等に必要とされる万能なプログラマとしての能力を身につけるためには適しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です